小児外科受診(2011年12月~2012年2月)

昨年12月から、ずっと書いていなかった通院記録・・・

実は、この期間も、
マナカの便秘には苦戦していて、

小児外科へは、4回通院していました。


長々と、排便話しが続きますので、
お読みいただける方は、覚悟の上、お臨みください。^^;


この話しは、昨年10月~11月の通院の続きなのですが、

10月~11月に、洗腸してもらい、
最後は先生に摘便してもらったものの、
(※摘便とは、肛門に指を入れて便を掻き出すことです)

スッキリとはしなかったマナカ。

家では、1日2回の薬(酸化マグネシウム・ビオスリー)の服用と、
1日1~2回の浣腸でがんばっていますが、

なかなか、便秘状態は解消されず、

先生に電話して、
12月22日に、診てもらうことにしました。

が、電話した際に、
家でも摘便すると良いと言われ・・・

受診の数日前に、2回ほど、
初めて、私が摘便にチャレンジしました。

・・・でも。

やっぱり、不慣れなので、
あまり多くは掻き出せず、

もちろん、マナカも大泣きで、

マナカのためにやらなければならないとわかっていても、
心が折れそうになりました・・・。

鎖肛の子のママさん達が、
摘便しているという話しはよく聞きますが、

本当に、そんなみなさんのこと、
尊敬してしまいます~~


そんな感じで、12月22日、
診察を受けたのですが、

この日は、先生の摘便はなく、

年明けに、エコーで便のたまり具合を
見てみることになり、予約を入れてくれました。


そして、年末年始をはさみ、
1月5日の診察で、

予定通りエコーをとってみると、

5cmの骨盤に対し、
直腸の太さは3cm・・・とのこと。

その病院では、エコーでの便秘状態の確認は、
ここ最近始めたばかりだそうで、

相対的な評価は、まだできないのだけれど、

一般的に、骨盤に対して直腸50%以上、
又は、絶対値で直腸3cm以上だと、
便秘状態と言える・・・そうです。

小柄なマナカの体の中で、
直腸が3cmにもなっているのなら、

やっぱり、そうとう詰まっているんだろうな・・と思いました。


そして、その後、もともとの定期診察で、
予約を入れていた1月26日ですが・・・

1月5日から26日までの間、家でも数回摘便したものの、
あいかわらず、あまりスッキリせず、

1月26日は、先生に、
念入りに摘便していただきました。

そして、現在服用中の酸化マグネシウムの量を、
少し増やすことになりました。
(※酸化マグネシウムは、便がやわらかくなる効果がある薬です)

さらに、ここ半年くらい中断していたラキソベロンも、
再開してみることになりました。

(ラキソベロンは下剤ですが、
マナカは、便の栓ができてしまっているせいか、
お腹が痛くなるだけで、排便はうながされないようだったので、
私の判断で、中断していました)

薬の量を増やしたので、
短めのスパンで、様子をみることになり、

次の診察予約は、2月9日・・・。


先生が念入りに摘便してくれたおかげで、
26日当日に、自力で、モリモリ排便がありました~

でも、その翌日(27日)から、
マナカ、風邪で発熱してしまい、

次第に、お腹の動きも悪くなってしまったようで・・・

2月に入ってからは、
また、浣腸してもあまり出なくなってしまいました。

そこで、2月7日に、家で摘便したところ、
少し効果があったようで、

少し排便が順調になってきて、、、

2月9日、予定通り、診察をうけに行き、

私からは、まあまあ順調であることを報告し、

先生も、マナカのお腹を触診したところ、
お腹はだいぶ柔らかくなっていて、
以前あった便塊はなくなっているとのことでした。

ですが、この時、便の形状は、
まだ、若干、粘土質だったし、
(以前よりはだいぶ柔らかくなったけど)

前回、診察の後に、
マナカが体調を崩したこともあって、

薬の効果について、もうしばらく短いスパンで、
様子をみた方がいい・・ということで、

次回の診察は、またまた2週間後の2月23日です。


2月9日の診察の後、2月10日にかけて、
ものすごく大量の排便があり、
粘土状の便が、出きったようで、

現在は、どちらかというと、
ちょっとゆるめの排便になりました。

浣腸は、1日1回(夜)しかしていないのですが、
浣腸意外の時にも、2~3回、自力排便もみられるようになりました。

ラキソベロンも、効果の出る時間帯になると、
排便があるような気がします。
(ラキソの効果以外にも排便があるので、偶然なのかもしれないけど)

今までは、排便してる時がわからなかったマナカだけど、
今は、真剣な顔で、じっとかたまって、
その後、「かたいの出た~!」と言ってくれるので、

マナカ自身にも、排便するという感覚があり、
ちゃんと自覚できているんだな~・・と、ちょっと安心です。


マナカも、お腹がスッキリしたようで、
現在、食欲モリモリです!

本当~~に、よく食べる!!

今の食べっぷりを見ていると、
今までは、便秘で苦しくて、
あまり食べられなかったのかな~・・と、

もっと、早くスッキリさせてあげればよかった・・と、
ちょっと後悔したりもします。

浣腸で出れば、洗腸せずに済むと思い
洗腸に着手するまで、2ヶ月様子をみちゃったんですよね。
(洗腸するのは、かわいそうだったので・・)


近頃は、普通の子供1人前くらいは、
ペロリとたいらげるマナカ。

先日、家族で外食したときは、
お子様メニューのキッズグラタンを、
ほぼ完食していました~

画像


◆おまけ◆

小児外科の診察と言えば、
鎖肛の経過だけでなく、

食道閉鎖の経過も診てもらっているのですが、

食道の方は、すこぶる順調です。

(そのおかげで、診察でも、
食道の方の話しには、あんまりならないんだけどね。)

詰まることも、逆流も、
ほとんど気にならず、

食べられる食材も、増えてきました~

最近は、エビが大好物のようです



ランキングに参加しています。
↓↓↓ポチッとクリックで応援お願いします♪

にほんブログ村 病気ブログ 子供・赤ちゃんの病気へ

この記事へのトラックバック